読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OshieruBlog

なんでも教えるおせっかいなブログ。「教えるブログ」だと引っかからないのでOshieruBlogで検索。







日本テレビ新社屋(汐留日本テレビタワー)への徒歩での行き方(JRで新橋駅へ行く場合)

汐留 新橋 日本テレビタワー 日本テレビ 本社 行き方



1、新橋駅(JR山手・または京浜東北線)で下り、4つある出口のうち、(烏森口改札)経由で汐留方面に出るか、銀座口から出る。少し離れているが銀座口で降りると改札としては迷わないだろう。


f:id:amimotosan:20141111223104j:image

▲ブレてごめんなさい。こちらは新橋駅銀座口。

2、出口を出ると、やや右に次の写真の光景が見える(写真は新橋駅銀座口向かい右)はずだが、UCマークの看板の少し後ろにある、ちょっとしたデザインの高層ビルが日本テレビタワーだ(その後ろのちょこっと左に見える茶色いのは汐留タワーといい、ホテルの「ロイヤルパーク汐留タワー」が入る)。こちらへ向かって歩いて行くことになる。バスの後ろの凸凹しているのはゆりかもめの上り階段だが、そのゆりかもめの駅には入らず、ゆりかもめ高架とさきほどのUCマークのビルとの間の細い道を歩いて行くといい。なので、この写真の位置の場合は、まっすぐ進んでいき、ななめ左にカーブしてゆりかもめ右の側道へ。


f:id:amimotosan:20141111223210j:image

 

3、下の写真は、UCのビルの下あたり。りそなクイックロビー、キリンの自販機の左、写真ではバスの右になるが、ゆりかもめ右脇の暗い高架下をまっすぐ行く。しばらくまっすぐ行くと(左右に横断する道路を渡るが)、上に屋根がかぶさっている空間になる。この写真で手前に映っているのは、烏森口汐留方面口を出たところの、地下鉄に下りる階段(無視してください)。

f:id:amimotosan:20141111224111j:image

この先で、大通りが左右をよぎるが、まっすぐ20mほど進む。しばらくいくと日本テレビが右にあるはずだ(受付あり)。その先のホテルのビル(汐留タワー)までいったら行き過ぎ。

注意点:烏森口改札から出る場合は左右に2つ出口があり、烏森側ではなく汐留側に出る。だが、汐留方面に出ても、ななめ右のゆりかもめの右の細い道を進む。

 

注意点2:駅の案内図で日本テレビに向かうと地下に着いてしまうので注意。

 推奨ルートだがいまいちわかりづらいので、よくわからない場合は一旦烏森口の地下鉄入り口側から地下鉄エリアに入ってここのルート(リンク先参照)

【再掲:日テレへの行き方 2階ロビー編】 | Facebook ※画面右上、あるいは写真右の「次へ」をクリック。全7枚写真参照

という手もある。

ショップは?

日本テレビ自体は番組オリジナルグッズ販売の「日テレ屋」や、その他ショップ(記事下端の日テレプラザのリンクから事前確認可能)があり、飲食もそれなりにある。

※アンパンマングッズの「アンパンマンテラス」はすでに閉店。

見学は学生の「学習目的」(社会科見学的な用途)のみ。予約なしNG

日本テレビは小5から高3までの、教師引率のある学生団体のみ完全事前予約で見学が可能。詳細はこちら。学習目的に限る。詳細規定多数あり。

GO!日テレWALK ‐ 日本テレビ社内見学のご案内

マイスタ前は、エスカレーターで上った地上のデッキから見られる

原則として見学施設はないため、不定期・定期的に行われる局のイベントなどでなければ入れない。ただ、地上デッキからは よく生放送も行われる「ゼロスタ」「マイスタ」が外から見られる。ジブリと日テレの蜜月ぶりがわかる「日テレ大時計」も見もの。

  

地図はこちら。

日本テレビの公式地図

日テレプラザ|汐留◎日本テレビへようこそ

日本テレビの「1秒戦略」 (小学館新書)

Ads by Pitta