OshieruBlog

なんでも教えるおせっかいなブログ。「教えるブログ」だと引っかからないのでOshieruBlogで検索。







水戸の梅まつりへの都内からの電車での行き方


偕楽園 好文亭
偕楽園 好文亭 / IbaGeo

上野駅までは自分で行く。

2月20日~3月31日の土日のおすすめルート

1、上野駅から、常磐線下り列車(できる限り特急)で臨時駅・偕楽園駅(降車専用駅)に止まる電車に乗る。

梅まつりの期間内になると、常磐線は「土日のみ」下り線のうち特定電車(主に特急など)だけが止まる「臨時駅の偕楽園駅」が出来、その時期だけ下り電車が停車します。偕楽園はここで降りるとすぐ目の前ですが、この駅、上り線はありません。帰りは水戸駅に出ることになります。

水戸駅・常磐線|JR東日本旅客鉄道株式会社 水戸支社|プレスリリース一覧

ここのプレスリリースに出ている「偕楽園臨時駅」に関するリリースの「別紙」というPDFの最終ページに、停車列車リストが載ります。(わかりづらい!!!)または市販の時刻表等でご確認ください。

※臨時駅は帰りは上りに乗れません。帰りは水戸駅からとなります。偕楽園駅から水戸駅に下りで出るか、偕楽園⇔水戸駅間はバスがピストンででています。また、面倒な方はタクシーに乗ってください。商店街に沿って水戸駅まで歩くことは歩けますが、3Km離れており、異常に長い商店街なので40分くらいはかかります。

※上野からの下りは自由席の場合は電車1-2本送るくらい、早めから並んだほうがいいです。土日の混む時間帯は指定席が取れるなら取ったほうがいいでしょう。券売機でもえきねっとでも取れます。なお、特急は自由席で取っても席がないと廊下に立っているようになります。体力消耗を考えると避けたい所。/水戸からの上りでの帰りは特急自由席でも問題ありません(水戸駅の手前の勝田駅で増結されたりするため、座れる確率が高い)

平日、また梅まつり日以外の日のおすすめルート

2、上野駅から常磐線下り列車特急で、水戸駅(北口)に降りる。そこからバスで偕楽園。

 水戸駅北口を降りバスターミナル、4番または6番乗場から「偕楽園行き」に乗車し、「偕楽園」下車。20分程度

4番と6番は運行会社が違いルートが違うため、降りる場所が違います。4番の場合は「好文亭表門」で下車すると、偕楽園の表門に出ることができますこちらが本来正式な門です。ですが「偕楽園東門」のほうが流行っています。6番は「偕楽園」(終点)が便利です。帰りは同じのりばから水戸駅に戻ってきましょう。

http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen11.html

または水戸駅北口から、タクシーでも「偕楽園」××門まで、と指定すれば、10分程度で到着します。

 

◎バス代金を浮かす方法

水戸駅から偕楽園までバス往復すると460円かかるが、「水戸漫遊フリーきっぷ」だと400円になりかつ茨城交通バスが1日乗り放題になる。また偕楽園内の好文亭なども割引になるのでお得。

http://www.ibako.co.jp/regular/ticket/mito-free.html

 

◎電車代を浮かす方法

梅まつり期間中前後は季節商品の「ときわ路パス」

http://tabi.iinaa.net/JapnPass/ibaraki.html

がおすすめ。ただし「エリア内」でしか売ってません。これでも東京駅、上野駅などから取手までの切符を買い、取手駅からときわ路パスを併用するだけで、約半額になります。ただ取手で下りて時間潰すのはちょっと面倒です。取手自体は特急は止まりませんし…。無理に安い旅にしようと思わないなら、諦めたほうがいいでしょう。また季節商品のため、通常の期間は売っていません。

水戸のエキチカな宿

地元の人がおすすめの2大老舗ホテル「水戸京成ホテル」「三の丸ホテル」、水戸駅徒歩1分JR系の「ホテルメッツ水戸」、水戸駅南口の標準的なホテル「プレジデントホテル水戸(旧 ホリデイ・イン水戸)」、水戸駅南口直結「ダイワロイネットホテル水戸」「ホテルテラスザガーデン水戸」、公立学校共済組合水戸宿泊所ながら普通にホテルとして泊まれる「ホテルレイクビュー水戸」、千波湖一望の「ホテルシーズン」、普通の「水戸ステーションホテル(KOSCOINNグループ)

 

Ads by medi8